組合員加入について

  生協法『加入脱退の自由』に基づき、東京保健生協の事業目的に賛同する方で、東京都内にお住まいまたは職場がある方は、どなたでも組合に加入できます。また、東京保健生協の組織と事業への運営参加を日常的に保障する場として「班」があります。詳しくは最寄の事業所まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

組合員加入案内

  どなたでも出資金、一口(1,000円)以上を出すことで、医療生協の組合員となることが出来ます。加入申込書に必要事項を記入の上、出資金を添えてお申込み下さい(加入にあたっては、できるだけ5口からの加入をお願いしています)。組合員証を受け取り、 病院や診療所を利用する時に、この組合員証を提示して利用します。

出資金について

  出資金は医療生協を運営していく元手となるものです。「株」や「貯金」とは違って利子や利息はつきません。転居等で脱退される時は、全額お返しいたします。出資金は寄付ではありません。出資するということは、医療生協の運営に参加する権利を得る、ということです。もちろん出資額の大小によって差別されるようなこともありません。出資金は、安心してかかることが出来る自分たちの病院や診療所のために、その施設の建設や拡充、医療機器の充実にと活用されています。

組合員活動について

班活動
  班は、3人以上の組合員でつくれます。隣近所の仲間と気軽に集まって、健康チェックや病気についての学習会といった保健・予防活動を、助け合い、知恵を出し合いながら進めていきます。

健康づくりの活動(健康チェック)
  班会では血圧や尿チェック、骨密度チェックなどを行い、また、年に1度の健康診断を重視してとりくんでいます。より元気に暮らせるように、生活を見直し、家族や班の仲間、地域の人々と一緒に健康づくりをすすめています。ストレッチや体操、太極拳など健康づくりをすすめる班もたくさんあります。万が一、気になる結果がでたら、身近な東京保健生協の病院・診療所にすぐご相談ください。

保健学校・くらしの学校で健康づくりやまちづくりのリーダーを養成します
  保健学校では病気のことや運動のこと、食事のこと、健康チェックのやり方など病気の知識などを専門家から学びます。卒業後は地域の中で、保健委員として活躍します。
くらしの学校では、医療や介護・福祉の制度やくらしに役?立つ制度を学びます。高齢者が増加し、独居や高齢者世帯が増える中、組合員の見守りの活動が期待されています。

「医療福祉生協のいのちの章典」
  医療福祉生協では「医療福祉生協のいのちの章典」を掲げています。患者の身体のことや治療方針、薬や検査、手術の内容にいたるまでを、納得し合えるところまで説明します。どのように病気と向き合うかは 患者自身が決める、それが基本です。『 医療の質は患者の満足ではかる 』ものであることを、 日々の医療・保健活動の中で確かめ合い、深め合っています。

脱退・減資のお手続きについて
  脱退・減資の手続きは定款外転居や死亡の場合を除き12月末までに申請し、出資金の返金は年度末とさせていただきます。(定款17条)
ご理解とご協力をお願いします。
連絡先 〒112-0012 東京都文京?区大塚 3-36-7・4階 東京保健生協 事務局 03(3947)7018

定款外地域(東京都外)にお住まいの組合員さんへのお手続きのお願い
  定款外地域(都外)にお住まいの組合員さんで勤務先が変更となった場合は事務局までご連絡下さい。