基本理念・権利

当院はこの東京保健生活協同組合の理念と基本方針のもとに、医療活動を展開しております。

理念

生協組合員と職員の力を合わせて、地域の人々から信頼され、よりどころとなる病院をめざします。

基本方針

  1. 安全、安心、納得の医療をめざします。
  2. いのちの章典」に基づいた人権を尊重する無差別・平等の医療をめざします。
  3. HPH(健康増進拠点病院)活動を通して、患者、地域、職員の健康づくりをすすめます。
  4. 職員の教育、研修及び研究活動を通して、質の高い地域医療をめざします。
  5. 地域の人々と共同して保健、医療、福祉のネットワークをひろげ、安心して住み続けられるまちづくりをすすめます。
  6. 生協組合員と職員に開かれた運営を行い、信頼を受ける経営をめざします。

医療福祉生協のいのちの章典(2013年6月7日 日本医療福祉生活協同組合連合会 第3回通常総会にて確定)

はじめに:
日本生活協同組合連合会医療部会は「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を策定し、事業と運動の質を高めてきました。これらの活動を引きつぎ、2010年日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)が発足しました。
医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。
「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。

医療福祉生協とは:
医療福祉生協は、地域のひとびとが、それぞれの健康と生活にかかわる問題を持ちよる消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題を解決するための事業と運動を行います。

医療福祉生協が大切にする価値と健康観:
私たちは、近代市民社会の大原則であり、日本国憲法の基本理念である主権在民の立場にたちます。私たちは、憲法13条の幸福追求権や9条の平和主義、25条の生存権を実現するため、主権在民の健康分野の具体化である 健康の自己主権を確立します。
私たちが大切にする健康観は「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる」というものです。
私たちは、この価値と健康観にもとづき、医療・介護・健康づくりの事業と運動をすすめ、地域まるごと健康づくりをめざします。

いのちとくらしを守り健康をはぐくむための権利と責任:
ともに組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。

  • 自己決定に関する権利
    私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。
  • 自己情報コントロールに関する権利
    私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。
  • 安全・安心な医療・介護に関する権利
    私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。
  • アクセスに関する権利
    私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。
  • 参加と協同
    私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。

院長からのごあいさつ

院長 山﨑 広樹 院長 山﨑 広樹

2013年1月より東京健生病院の院長を拝命いたしました。医学部を卒業して以来、東京健生病院の患者の皆さま、組合員の皆さまに支えられ育てられ現在に至っております。今後ともよろしくお願いいたします。

東京健生病院は1982年に開設されて以来、生活協同組合の医療機関として地域の医療を守り発展させるべく組合員と職員で協同して活動を続けてまいりました。
高齢社会を迎えた今日、誰もが安心して住み続けられる地域づくりのため、健康診断から・在宅医療までを提供する医療機関としていっそうの努力していく所存です。
皆さまのご支援ご協力をこころよりお願いいたします。

ページトップ

概要・沿革

概要

  • 診療科目
    内科 内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・腎臓内科(人工透析内科)・
    血管内科・糖尿病内科・生活習慣病
    外科 外科・呼吸器外科・消化器外科・脳神経外科・整形外科
    専門各科 皮膚科・泌尿器科・精神科・婦人科・リハビリテーション科
  • 病棟
    1階 療養病棟(医療)
    2階 療養病棟(医療)
    3階 地域包括ケア病棟
    4階 回復期リハビリテーション病棟
  • 病床数
    全136 床
    一般急性期病床数 35 床
    回復期リハビリテーション病床数 27 床
    療養病床数(医療) 64 床
  • 施設基準
    地域包括ケア病棟入院基本料 1
    療養病棟入院基本料 1
    診療録管理体制加算
    重症者等療養環境加算
    栄養管理実施加算
    医療安全対策加算
    褥瘡患者管理加算
    回復期リハビリテーション病棟入院料 1
    電子化加算
    薬剤管理指導料
    検体検査管理加算(1)
    外来化学療法加算
    脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)、運動器リハビリテーション(Ⅰ)
    入院時食事療養費(1)
    厚生大臣が定める特別食の加算
  • 職員数
    194人
    (医師17人・看護83人・介護職23人・PT13人・OT7人・ST4人・技術職19人・MSW2人・事務職30人)
  • 指定
    厚生労働省指定医師臨床研修病院(管理型)
  • 学会認定
    日本内科学会教育関連施設
    日本プライマリ・ケア学会認定研修施設
    日本呼吸器学会認定施設
    日本外科学会認定施設
    日本胸部外科学会関連施設
    日本呼吸器外科学会関連施設
    日本呼吸器内視鏡学会認定施設
    日本静脈経腸栄養学会NST 稼動施設

沿革

2015

地域包括ケア病棟開設

回復期リハビリテーション病棟2から1へ変更

2013

大塚診療所の在宅患者を移管

2012

療養病棟拡大

2008

療養病棟開設

2003

回復期リハビリテーション病棟開設

1997

理学療法室開設

透析室を氷川下セツルメント病院から移設

1985

地域医療部発足 健康診断推進 在宅医療強化

シネアンギオ導入

1982

診療内科開設

東京健生病院開院

1981

東京保健生協と鬼子母神保健生協が合併

1979

鬼子母神保健生活協同組合発足

1970

東京保健生活協同組合に改称

1963

文京医療生活協同組合に改称

1961

医療生活協同組合氷川下セツルメント診療所発足

1953

氷川下セツルメント診療所開設

大塚診療所開設

1951

鬼子母神診療所開設

ページトップ