70歳未満の高額療養費制度について

高額療養費の現物給付を活用しましょう!!

医療費の窓口負担が、月単位で一定の限度額(下表のように世帯によってちがいます)を超えた場合に、申請をして払い戻しを受けられるのが高額療養費制度です。
そして、入院の場合などでは、事前に申請をして「認定証」を取得すれば、限度額をこえた分を負担しなくてもよくなります。これが高額療養費の現物給付です。高額療養費の現物給付を活用しましょう!

世帯 自己負担限度額(月額1日〜末日)
一般 3ヶ月目まで 80,100 円+(総医療費ー267,000 円)×1%
4ヶ月目以降 44,400円
非課税世帯 3カ月目まで 35,400 円
4ヶ月目以降 24,600円
上位所得世帯 3ヶ月目まで 150,000 円+(総医療費ー500,000 円)×1%
4ヶ月目以降 83,400円

医療機関ごと、入院・外来別に適用されます。

手続き方法は各保険者までお問い合わせください

保険の種類 問い合わせ先
国民健康保険 各市区町村役場
協会けんぽ 協会の各都道府県支部
その他 各保険者

同世帯が過去1年間に限度額の適用を受けてから3回以上高額療養費が支給されている場合、4回目からはさらに減額されます。
認定証」は申請した月から対象となります。早めの申請をお願い致します。また取得されましたら、速やかに外来棟1階入退院受付に提示お願い致します

  • 申請手続きに必要なもの
    1. 保険証
    2. 印鑑など
認定証取得申請と提示のフロー図
ページトップ