ニュース&トピックス



病気の話---効果的なスキンケア失ったら

  東京健生病院 皮膚・排泄ケア認定看護師
  石黒 幸子

 日中はホッとするような日差しがあっても、朝晩はぐっと寒くなりました。手や顔のかさつきが気になる季節です。 肌の表面は、皮脂と汗からできる天然のクリームで保護されています。このクリームを入浴の際に取り過ぎていませんか?ちょっと自分の入浴方法を振り返ってみてください。熱めのお湯に入って温まり、ナイロンのボディータオルでゴシゴシこすっていませんか?この方法では、大切なクリームを全て取り除いてしまっているのです。湯上りにすぐ全身にクリームを塗っている方は、大丈夫かも…。

 そこで、今年の冬は、入浴時のスキンケアを見直してみてください。肌の汚れだけを落とすには、よく泡立てた石鹸の泡で包むように肌をなでることがポイントです。肌のPHと同じ弱酸性の洗浄剤を使用することも肌への負担を減らしますので有効です。化粧品メーカーの回し者のようですが、これは本当のお話です。

 入浴後まだ水分が少し残っているくらいのうちに、保湿クリームを塗ることが大切です。さらにポイントは「セラミド」入りの保湿剤を使用することです。肌の上層の成分である「セラミド」を補給することにより、より効果的なスキンケアになります。泡で包むような洗浄と保湿クリームでカサカサとさよならしてください。