ニュース&トピックス



薬の話---花粉症について

  西参道薬局
  森岡 久美子

 花粉症は、花粉を原因としたアレルギー性炎症のことで、症状は「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」が代表的で、他にも皮膚のかゆみ、倦怠感、微熱、のどの痛みなどがあります。

 マスクや保護メガネで花粉との接触を減らす方法がありますが、花粉との接触を避けるのは困難な場合が多いので、花粉症の治療の中心は薬物療法になります。

抗アレルギー剤はアレルギーを引き起こす原因物質の発生と放出を抑えるので、予防効果が期待でき、花粉飛散の2〜4週間前より使用を開始することで、飛散期の症状が緩和されるため、このような初期療法を行うと良い薬です。

 抗ヒスタミン剤はくしゃみ、鼻水、目のかゆみがひどい時、すでにでてしまった症状に効果があります。この薬により眠気、口渇、倦怠感などが起こることがあります。

点眼薬は目のかゆみなどの症状を抑え、点鼻薬は鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えます。また症状のひどい時に使用する薬で、ステロイドを含むものがあります。

 花粉症かなと思ったら、専門医の診察を受け、自分にあった薬で治療しましょう。