ニュース&トピックス



薬の話---歯周病と喫煙

  氷川下セツルメント診療所歯科 医師
  佐々木美奈

 喫煙は百害あって一利なしと言われますが、喫煙は癌、循環器疾患、呼吸器疾患など多くの病気の原因となります。口腔内に関しては、たばこの煙が出入りすると最初の臓器であることを反映して、多様な影響を受けます。今回は特に生活習慣病とも言われる歯周病と喫煙の関係についてお話します。

 歯周病は歯周病菌が歯を支える骨を溶かす病気です。(歯周病が進むと、やがて歯はグラグラになり、最終的には抜けてしまいます)

 たばこの中にはタール、ニコチン、一酸化炭素など様々な有害物質が含まれています。たばこの中の有害物質により、血液の流れが悪くなり、供給されるべき酸素が行き渡らなくなります。そのため酸素が苦手な歯周病菌の働きが活発になります。その一方、自己防衛機能である免疫の力が落ちることと、骨を作る細胞の働きが悪くなることにより、歯周病がより悪化してしまいます。

 喫煙者は非喫煙者より若い世代のうちに歯周病が発症し、病状の進行が早く、治療の治り具合も非常に悪いと言われます。歯周病が進行しても、著しい歯肉の発赤や腫脹などの炎症症状は自覚しにくく、気がついたときには重度の歯周病になっていることが多いのです。

 歯周病だけでなく、全身的な健康のためにも、禁煙を改めて考える必要があるのではないかと思います。