ニュース&トピックス



薬の話---お薬手帳をご存知ですか?

  桜川薬局
  宮前浜子

 お薬手帳は病院・医院・薬局で薬をもらったときの薬の名前や量、飲み方などや市販薬を購入したときに記録や副作用があった薬の名前などを残し、あなただけの「おくすりの記録」をつくるものです。
 この記録を活用することで、複数の病院等にかかって複数の薬がでていたり市販の薬を飲んでいる場合に同じような薬が重なっていないか、飲み合わせによって効き方が変わるものがないか、以前飲んで合わなかった薬がないかなどチェックすることができます。
 お薬手帳を病院・医院ごとにお持ちの方がいますが、それでは薬のチェックができないので必ず1冊にまとめましょう。

*どこでもらえるの?
 処方箋でお薬をもらうとき薬局で希望すればもらえます。手帳自体は無料ですが、1回の記録ごとに情報提供料として保険負担金が10円〜50円(保険割合によって違います)かかります。ご自分でご記入することもできます。

* どうやって使うの?
・ 病院・医院・薬局に行く ときに持っていって、薬の飲み合わせや副作用歴をチェックしてもらいましょう。入院するときには、外来や家庭で飲んでいるくすりをチェックし入院中の治療に適した薬を選択することに役立ちます。
・ 薬局・薬店で市販薬を買うときには薬剤師にお薬手帳の記録をチェックしてもらい、あなたに合う薬のアドバイスをもらいましょう。
・ 救急外来にかかる時、旅行先で医療機関にかかる時、お薬手帳をお持ちになると飲んでいる薬を正確に伝えることができます。
・ 薬局などで記入してもらうだけでなく、服用して合わなかった薬や飲んだときの体調の変化、使った市販薬の名前・健康食品の名前や、気になることなど色々書き込みましょう。
 あなただけの薬の記録を作りましょう。