ニュース&トピックス



病気の話---ピロリ菌

  東京健生病院内科 医師
  岩下直樹

 正式名称は、Helicobacter pyloriという菌で、ヒトの胃粘膜及びその表面の粘膜層に生息しています。
 多くは、約5歳までに経口感染しています。ピロリ菌感染による慢性炎症により胃粘膜が障害されることで、様々な問題が起こります。胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎(萎縮性胃炎)、胃癌、胃MALTリンパ腫、胃過形成ポリープなどです。

 また、消化管外の疾患として、特発性血小板減少あ性紫斑病(ITP)や小児の鉄欠乏性貧血などもピロリ菌感染の関与が指摘されています。慢性胃炎(萎縮性胃炎)は胃癌の前癌状態とも言えるので、是非胃癌検診などを定期的に受けるようにしてください。また、胃粘膜の萎縮の程度を見る項目として、ペプシノゲン(PG)があります。胃粘膜が萎縮(PG陽性)でピロリ菌陽性の場合には、胃癌の危険率が高まります。ピロリ菌感染の診断には、尿素呼気試験、便中抗原、血清抗体、内視鏡による直接鏡検などがあります。


 もし、ピロリ菌陽性であれば、除菌療法を検討します。(抗生物質2種類+胃酸を抑える薬を1日2回、1週間内服が一般的です)検診などで上記項目が陽性のときには、お気軽にご相談下さい。