ニュース&トピックス



薬の話--- 花粉症のくすり

  地蔵通り薬局
  寺井 麻理

 花粉症はアレルギーの原因物質によって体内に出てきたヒスタミンという物質によって神経や血管などが刺激されるアレルギー反応です。くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目や皮膚の痒み・喉の痛み・微熱・倦怠感など多くの症状が引き起こされます。

 病院で処方される薬は抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬・ステロイドです。抗アレルギー薬は、ヒスタミンの働きを抑えるだけでなく、ヒスタミンの発生そのものを抑える効果が期待できます。花粉の飛び始める2週間くらい前から飲み始め、毎日飲み続けることで成分の血中濃度が保たれるので、シーズン中は飲み続けることが必要です。すでに症状が出ている状態では、あまり効き目を感じにくいのですが、飲み続けても目立った副作用が出にくい安全な薬です。

 抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの働きを抑えます。すでに出てしまった症状に対しても効果があり、抗アレルギー薬に比べて症状の改善を体感できますが、持続時間が短く、眠気・口の渇きなどの副作用が強く出ることがあります。
ステロイド剤は主に点眼・点鼻に使われます。

 花粉が人間に付着しやすい部分は顔と頭です。マスクやメガネ、帽子を被るなどして、花粉を吸い込む量を減らし症状の悪化を防ぐことを心がけましょう。