ニュース&トピックス


歯の話--- 歯科矯正のごあんない

  氷川下セツルメント診療所歯科所長
  赤石 岳雄

 東京保健生協に歯科は4院所ありますが、文京区の氷川下セツルメント診療所歯科は積極的に歯科矯正を行っており30年近い治療実績があります。

 患者さんの中には、親子2代にわたる方、兄弟全員、お友達からの紹介など数多くの矯正患者さんがいます。

 矯正の分類としては、口の中の一部に装置をつけ特定の歯だけを動かす部分矯正と、全部の歯に装置をつけ歯を動かす全顎矯正があります。治療期間は部分矯正で半年から1年、全顎矯正で1年半から2年が多いです。

 治療費は保険がきかず、部分矯正は10万5千円、全顎矯正は63万円です。その他に月1回3150円の調整料がかかります。当院は医療生協なので、組合員さんには保険外医療を組合員価格で安く行えるメリットもあります。

 装置としては、歯にブラケットというボタンのようなものをつけ、そこに針金をつける一般的な方法や取り外し可能な装置を入れる方法など様々です。治療後保定といって、歯が動かないよう取り外し可能な装置を入れたり、歯の裏側に針金をつけたりします。最近透明なマウスピースをいれ、そのマウスピースを何個か作り変え矯正する方法が話題になっていますが、当院でも導入予定です。ただし費用は63万円より高くなりそうです。

 矯正はお子さんの治療と思われるかもしれませんが、現在では材料、技術の向上により成人や高齢の方でも可能な症例が多くなっています。歯並びが気になる方は是非ご相談ください。