ニュース&トピックス



薬の話--- 胃腸薬について

  地蔵通り薬局 薬剤師
  倉林 幾代

 食事をして胃まで食物が運ばれると、胃の上部が広がり食物を受け入れ、胃酸等の消化酵素が分泌されます。そして胃が波打つように動き胃液と混合、消化され食物を十二指腸へ運びます。この機能が弱まったり、うまくいかなかったりすると胃腸障害が起こります。

 胃腸の調子が悪いといっても、重苦しいもの、キリキリした胃の痛み、胸やけ、腹部膨満などその症状は様々です。原因も食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、タバコなど様々です。

 胃腸薬の種類には
胃の調子を整え、消化を助け、胃もたれ、腹部膨満を改善する、健胃消化薬。軽い胸やけ軽い胃酸過多には胃酸を中和する作用の制酸薬。強い痛み、胸焼けがするという場合は胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー。胃壁の血流を良くし、胃粘膜のダメージを抑える胃粘膜保護薬。また胃の痛みには鎮痙薬などもあり、お腹が張る、下痢などには整腸剤があります。

市販の薬は1種類から数種類の成分が配合されて、様々な症状に対応するようになっています。症状にあった薬を選択することが大切です。しかし、一時的に良くなっただけで本当に改善されたのか、他の治療が必要なのか医師に診てもらうことが大切です。胃の働きには自律神経が関与しているため、ストレスなどによって自律神経が乱れると胃の働きに影響が出ると言われています。食生活の改善、十分な睡眠、ストレスの軽減に努めるだけでも胃の負担は減ります。市販の薬で改善しない時には、なるべく早めの受診をおすすめします。