ニュース&トピックス



この夏、高校生170名が看護師体験をしました
看護体験

 将来、看護師をめざす高校生や今後の進路の参考にしたいという高校生170人が夏休みを利用して看護師体験をしました。 東京健生病院や大泉生協病院では、看護師のユニフォームを着た高校生が、患者さんの足浴や車椅子を押したり、患者さんとお話しをするなどの経験をしました。

 高校生からは「患者さんに喜んでもらうことはとても嬉しいことだと感じました」「看護師さんがキビキビ働いているのが印象的でした」「将来、看護師になりたいと改めて思いました」などの感想が寄せられました。 引き続き、看護学校を受験する高校生への援助を行っていきます。