ニュース&トピックス

「核兵器全面禁止」「原発はいらない」の声を大きく広げていきましょう

 被爆から67年、今年も原爆の日の8月が近づいてきました。広島と長崎に落とされた原爆は一瞬のうちに二つの街を廃墟に変え、21万人の人々の命を奪い、いまなお20万人を超える被爆者が、苦しんでいます。

 2010年核不拡散条約(NPT)再検討会議では「核兵器のない世界の平和と安全を達成する」ことを決めました。いま、核兵器廃絶を求める声は世界に大きく広がっています。 

 また、昨年の大震災と津波に伴う福島第一原子力発電所の大事故はいまなお多くの人々が避難生活を余儀なくされています。しかし、野田首相は、福島原発事故の検証も終わっていない中で関西電力大飯原子力発電所の再稼働を表明しました。本気で「国民生活を守る」というなら、「原発ゼロ」を決断し、再生可能エネルギーへの切り替えに本腰をいれるべきです。

  原爆の上に、原発事故をも体験した日本は、核兵器も原発もない世界のために先頭に立たなければなりません。この夏の集会やイベントにご参加下さい。

▼「さよなら原発」10万人集会
・代々木公園・7月16日12時半〜  
▼原水爆禁止世界大会(ヒロシマ行動)
・8月5日〜6日 
▼原水爆禁止国民平和大行進
・7月27日15時半
・東京健生病院前〜上野公園まで行進します
▼また、各支部で戦争を語り継ぐ会や平和映画会、平和バザーをとりくみます。

***********************

*社保・平和・まちづくり委員会