ニュース&トピックス



食…夏の水分の摂り方について


  東京健生病院・管理栄養士
  大竹 美枝子

 昨年の夏は節電の影響もあり、クーラーをつけないで、充分な水分を摂らない状況の中、脱水による熱中症で入院された高齢者の方が数多くいました。加齢に伴い喉の渇きを感じることが鈍くなるからです。

 体の約60〜70%は水分でできています。水は体そのものを構成しているだけではなく、栄養分の運搬や老廃物の排泄、体温調整など、大切な働きをします。体内の水分量は常に一定に保たれている必要がありますが、水分を貯めておくことができないため、尿をはじめ排泄で失った水分はこまめに補給する必要があります。特に夏場は水分が少なくなって脱水状態になると熱中症、熱痙攣などの原因となってしまいます。

                 ◎
 体は普通に生活していても、毎日汗や尿などで成人では1日2・0〜2・6リットルもの水が失われます。それなら1日同量の水を飲まなければいけないのかというと、そんなことはありません。水分は食事からも摂れて、食べた物の代謝のときに体の中で作られる水分もあるので、バランスのよい食事を行っていれば、1日1・2〜1・5リットル程度の水分が目安となります。

                  ◎
次に水分の摂り方ですが、一度に大量の水分を摂ると胃液が薄まり食欲が低下したり、消化に時間がかかり、胃の働きが悪くなるので、一度に摂る量はコップ1杯(200cc)程度が目安です。
そして、飲む内容ですが、ジュースやスポーツドリンクには多くの糖分が含まれています。500ccのペットボトルでスティック砂糖(5g)が4〜10本も含まれています。糖分の摂りすぎで空腹感がなくなり、食事を摂らない状況になると夏バテにつながります。また、朝は寝ている間に汗で水分を失いますので、朝起きたら必ず水分を摂る習慣を身につけ、水分は水やお茶を中心に1日コップ6〜8杯を目安に摂りましょう。