ニュース&トピックス



薬の話---ジェネリック医薬品について

   さかした調剤薬局 薬剤師
   知久 直美

 医療用医薬品には同じ成分、同じ効き目でも値段(薬価)の高い薬(先発医薬品)と安い薬(後発医薬品)があります。この薬価の安い薬のことを、ジェネリック医薬品と呼びます。新薬はその発売から特定の期間が過ぎ特許が切れると、他の製薬会社はその医薬品を自由に製造できるようになり、同じ成分の医薬品を、より安く国民に提供できるようになります。新薬(先発医薬品)の開発には、長い年月と何百億円という莫大な費用がかかるのに対し、ジェネリック医薬品は数年の期間と数千万円程度の費用で済むためです。

 ジェネリック医薬品は、新薬として使われている間に、安全性と有効性が確かめられていますので、臨床試験をする必要がありません。先発医薬品と同じ成分、同じ効き目であることを証明する等、承認申請に必要な試験項目、書類が格段に少ないため安い費用で造れるのです。ジェネリック医薬品は、厚生労働省の審査にパスしたものだけが医薬品として国民に提供されていますので、先発医薬品と同様に安全に飲んでいただける品質を持っています。残念なのは、ジェネリック医薬品が医師や患者さんに「安かろう、悪かろう」のイメージが根強くあるため、なかなか普及が進まないことです。ただしジェネリック医薬品は販路が少なく、医療機関や薬局が指定のジェネリック医薬品を入手しにくいため普及が進まないという弱点もあります。新たな効果をうたって新薬が次々と生まれています。。

 新薬には未知の副作用などの危険性が伴いますが、ジェネリック医薬品は、その分、安全・安心に使える薬であると言えます。