ニュース&トピックス


身近な法律相談…消費者金融からの借金、完済の目途がたたないがどうすれば?

 東京保健生協顧問団=城北法律事務所/弁護士・田見高秀 弁護士・大川原栄  弁護士・加藤幸(執筆担当)

私には、消費者金融から借りた150万円の借金があります。私はすでに退職しており、今は年金の中から少しずつ返済していますが、利息も高く、完済する目途が立ちません。このままは私が死亡すると妻や子どもに迷惑をかけそうで心配です。どうすればいいでしょうか?

 [回答] あなたが亡くなった場合、借金は、原則として配偶者とお子さんが相続します。相続しないようにするためには、相続放棄(相続権を放棄し相続を一切しないこと)や限定承認(プラスの相続財産の範囲でしか借金を相続しないこと)を選択することもできますが、いずれもあなたが亡くなってから3カ月以内に裁判所へ届け出ることが必要となります。また、あなたが多少のお金を遺産として残していた場合でも、一切相続することはできません。やはり、借金は生前に処理しておくのがいいでしょう。

 借金を処理する方法としては、任意整理手続きと破産手続きの2種類の方法があります。

 任意整理手続きというのは、弁護士が各債権者と交渉して、無理のない返済計画を新たに立て、それに従って返済していく方法です。今の返済と変わらないのではないかと思われるかもしれませんが、以前に高い利息で返済している時期があれば過払金の返還請求をして、全体の返済額を減らせる場合がありますし、返済計画を立てた後は利息が付かないように交渉しますので、今まで通り返済していくより、早く借金を完済できるようになります。

 破産手続きは、裁判所に申し立てをして、借金の返済義務を免除してもらう(「免責」といいます)手続きです。破産が認められれば、以後借金を返済する必要は一切ありませんが、借金を帳消しにするのですから、財産も提供する必要があります。現金は99万円まで持っていることができますが、預金、不動産、解約返戻金のある保険などは原則として処分しなければなりません。

 いずれの手続きも一長一短あり、どちらがふさわしいかは相談者の方の事情によりますので、どの手続きを選択するかはご相談のうえ決定します。弁護士にご依頼いただき、弁護士が債権者に債務整理のご依頼をお受けしたことを通知すると、債権者からの請求は止まります。そのうえで、じっくりと手続きを選択することも可能です。債務でお困りの方は、ぜひお早めに一度、ご相談ください。

 ※東京健生病院・大泉生協病院では月1回、城北法律事務所の弁護士さんによる法律相談を無料で実施しております。希望される方は病院職員にお尋ね下さい。