ニュース&トピックス


漢方の話… 高秋9月、天気清し(良寛さん)

  鉄砲洲診療所所長
  沖山 明彦
 

 漢方では、秋に傷つきやすい臓器は「肺」と「大腸」という考え方があります。朝・晩の冷え込みと大気の乾燥が、汗を少なくし、皮膚呼吸を低下させ、粘膜の乾燥を起こします。口が渇き、鼻も乾燥し、のどもかわきます。皮膚は乾燥し、髪の毛もぱさぱさになります。尿の量も少なくなり、便も乾燥しがちになります。首・肩・背中のこりなども秋に多くなります。鼻炎・咽頭炎・気管支炎などを起こしやすくし、喘息の悪化をもたらします。この時期の養生は、首、肩が冷えないように首にタオルを巻いたり、「肩こり体操」をしたり、のどの乾燥予防に濡れガーゼマスクも勧められます。食養生では、「辛(辛味)」が、「肺」を悪くするので控えるべきとします。唐辛子(キムチや辛子明太子、タバスコなど)、カレーなどに用心し、腹八分目を忘れずに。さて、のどの痛みには、大根が効きます。「大根」(生薬名は莱 子:らいふくし)は、咳をしずめ、痰を切り、喘息を治す作用があり、民間療法では、大根おろしをそのまま、または、水あめや蜂蜜に混ぜて熱湯を注ぎ服用したり、大根の千切りを蜂蜜に漬けて、しなびた頃にその汁を飲んだりします。熱があるときには、「生姜」(生薬名はしょうきょう)です。すりおろした汁を熱湯にいれて飲みます。生姜に「桂皮」(生薬名は肉桂の樹皮:けいひ)シナモンで代用しても可や「葱白」(ねぎのことで生薬名はそうはく)を混ぜ、スープやお茶にして飲んでも有効です。咳や喘息には、「白果」(銀杏のことで生薬名は、はくか)が咳を止め、喘息を鎮め、痰を切ることで知られています。風邪に効く生薬は肩や首のこりにも有効です。「大腸」については痔の悪化する季節が秋といわれます。「辛」を控えるのは理解しやすいと思います。食養生では「無花果」(イチジクのことで生薬名は、むかか)が有名です。世界最古の栽培果実で咽頭通や声枯れのほかに、便通をつけ、痔などの腫れ物を治すとされます。

 ところで、8月に同窓会が根津の有形文化財のお店でありました。出会酒は広島の「せいきょう:生協ではありません、誠鏡です」。杜氏の心は澄んでいても「ワカコ酒」と違い、寄り合い「シルバー酒」で飲む人の心根あやしく、すぐに乱れるる感じー。いずれその大吟醸との出会いが楽しみですが、名前が「幻」だそうで。