ニュース&トピックス


薬の話---花粉症

   ひかわ調剤薬局 
   塚田 あずさ

 花粉症の薬は花粉症を治すものではなく、症状を抑えるか、軽くするもので、錠剤や粉薬などの飲み薬、目薬、鼻にスプレーする薬があります。

 花粉症は花粉を体が異物とみなし、体のある一部の細胞からアレルギー物質(ヒスタミンなど)を出し、くしゃみや鼻水によって花粉を追い出すアレルギー反応の一種です。花粉が飛散されると予想される2週間前から抗アレルギー薬の飲み薬を使い、それでも症状が改善されなければ鼻にスプレーする薬や目薬を追加します。抗アレルギー薬のなかには眠気や口が渇くといった副作用がありますが、今ではそれらが軽減されているものもでてきています。抗アレルギー薬の他には炎症やアレルギーを抑える効果のあるステロイド薬があります。重症の方にはこの飲み薬をごく短期間用います。ステロイド薬には鼻にスプレーするタイプもあり、鼻にだけ効くため、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果があり、正しく使えば副作用は少なく、非常に効果のある薬です。鼻にスプレーする薬は1日複数回の使用から1日1回の使用ですむものまで種類は様々です。

 最近では花粉症に使われる薬のなかには価格が安く、効果が認められているジェネリック医薬品が発売されていますので、薬剤師に相談してみて下さい。