ニュース&トピックス


漢方の話… 「踏青」から若返り?

  鉄砲洲診療所所長
  沖山 明彦
 

 大雪の後作られた隣の家の雪だるまが日焼けして黒くなり、少しやせてきた。もうすぐ3月。春の季題「踏青(とうせい)」について、俳句雑誌に三村純也氏が書かれていた。「春の若菜を食べると同じように、生命力のある若草を素足で触れて踏むことにより、若返りの効果があるとされたのではないか」と。
さて、春は眠気が誘われる季節だが、ここでは、不眠症の漢方の話。

 「柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」や「桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」はなんども登場した漢方なので、他の漢方に触れてみる。(1)「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」は、「体力が衰え胸苦しく、それなのに、つまらぬことが気にかかり、くよくよした状態で眠れない場合に用いられる。動悸や頭痛、目眩、また、夢をよくみる、物忘れ、不眠の逆で嗜眠がみられることもある。顔色悪く、寝汗、口の渇きなどがある場合」。臍の上や下で血管のドキドキが触れる。(2)「甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)は、「いらいら、不安、急に笑ったり、泣き出したり気分の変調が大きい、また、黙り込んで、うつ気分になる。寝つき悪く、驚きやすい、あくびを頻回にする、急な咳き込み、腹痛を訴える」。しばしば、腹直筋の緊張がみられる。(1)の主要な生薬は「酸棗仁」で神経疲労を補い鎮静作用があり、不眠・嗜眠・健忘に用いる。Aの中心となる生薬は「小麦(しょうばく・こむぎ)です。漢方では、滋養・強壮・止汗・鎮静作用があるとされる。

 特に、(2)はこどもの夜泣き、チックなどにも用いられ、女性の「ヒステリー」のもよく、男性への処方は少ないというが、女性的な男性に用いられ有効ともいわれる。

 誕生祝いを職員とN医師K医師などから受けた。やはり、ケーキ吹き消しで、定番の立ちくらみがあったが、感動しきりであった。当日の立ち寄り酒は「八十八号」口にまるく豊かに広がり、少しためらってから、のどをすべりおちた。酒の名前が米寿をめざすとしたらいやはや。「コキコキと 歯なり肩なり 膝もまた」。