ニュース&トピックス

花粉症に新しい治療法

  竜泉協立診療所 所長
  相原 力

 今年も花粉症の季節が到来しました。花粉症の治療は、抗アレルギー薬の内服と点眼・点鼻薬の外用が治療の中心です。これは、花粉症の対症療法であって根本治療ではありません。花粉症の根本治療としては、今まで体質改善を目的とした減感作療法がありましたが、定期通院による注射が必要でした。しかし、今年の4月から新しい治療法の舌下免疫療法(1日1回、薬液を舌下)が保険適応になり、同様の効果が期待できます。今年の花粉症には間に合いませんが、来年に向けて花粉症にお悩みの方はどうぞご相談下さい。