ニュース&トピックス


薬の話---かかりつけ薬局とは

   桜川薬局 薬剤師 
   山崎 とし恵

 最近は医薬分業がすすみ街中には調剤薬局をよく見かけるようになりました。日本では高齢化社会になり、一人の患者さんがいろんな医療機関に掛かり処方箋をもらうケースも増えています。調剤薬局は各医療機関の前にあり、処方箋をもっていけばどこでもおくすりは貰えます。皆さんは何所に処方箋をもっていきますか?
そんなとき「かかりつけ薬局」をもっておくことをお勧めします。

 「 かかりつけ医」という言葉は知っていても「かかりつけ薬局」という言葉はあまり聞いたことがないかもしれませんが、最近は「かかりつけ薬局」の必要性が注目されています。

 「かかりつけ薬局」をもつメリット
(1) 薬の重複 飲み合わせによる副作用の防止
医療機関を受診する医師が処方箋を出しますがこのとき医師は自分が処方した処方内容はわかりますが他の病院、医師が処方している薬については分りません。しかし「かかりつけ薬局」を1軒決めておけば薬剤師が患者さん毎に「薬歴管理」をしているので複数の医療機関に掛った時、同じ成分の薬がだぶってないか、飲み合わせによる副作用はないかをチェックすることが出来ます。
(2) 薬について詳しい説明を受けられる
(3) ジェネリックについての相談ができる 

「かかりつけ薬局」はどのように選んだら良いでしょうか?
 まずは立地条件です。ご自分の家の近く、職場の近く等、時間手間の省ける薬局を選びましょう。次にチェックしたいのはプライバシーへの配慮です。薬局ではお薬を渡すという性質上プライバシーに踏み込んだ質問も多いので他の患者さんに話の内容が聞こえない配慮をしてくれる薬局が望ましいでしょう。その他ご自分にとって必要なサービスを提供してくれる薬局を選びましょう。

薬局