ニュース&トピックス



健診制度が変わりました


東京保健生協の病院・診療所で「健診」を受けましょう! 健康づくりは班会で楽しく継続して!

大幅な医療費削減を狙い、メタボ対策に重点をおいた「特定健診」が四月から開始されました。今までの健診制度と大きく変わります。

病気の早期発見・早期治療を目的としていた健康診断が大きく変わり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・解消に重点をおいた「特定健診」「特定保健指導」がスタートしました。 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の蓄積により、高血圧、高脂血症、高血糖など生活習慣病が発症しやすくなり、この状態が長く続くと動脈硬化が進み、糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などにつながる心配があります。今回の特定健診で、もし「メタボ」と判定されたら、生活習慣を改善するために、医師、保健師、管理栄養士などによる「保健指導」を受けることができます。 特定健診・特定保健指導(40歳〜74歳が対象)は加入している健康保険により実施時期などが変わります。下表は5区の国民健康保険加入者の例です。健康保険組合など社会保険に加入している方は、各健康保険者が実施することになります。 東京では75歳以上の方は「後期高齢者健診」となります。

    ◆

5つの区では、今年度の健診は「メタボ健診」(注1)にプラスして「がん検診」や健診項目を拡大し、ほぼ従来通りの内容で実施されます。しかし、従来とは実施時期が異なります。ご家族、ご近所のみなさんに声をかけて、健診を受け、生活習慣の見直しにつなげましょう。 「脱メタボ」のためには「1に運動、2に食事、しっかり禁煙」が大切です。1人ではなかなか継続できない運動も、組合員同士、班会に参加して楽しく行うことが成功の秘訣です。この機会に健康づくり班会にぜひご参加ください。


(注1)「メタボ健診」の基本的な項目 一般検査:問診、身体・腹囲測定、血圧測定、理学的検査(身体診査)、尿検査、血液検査 ◎事業所利用委員会