ニュース&トピックス


水虫について

  橋場診療所皮膚科

 水虫(足白癬)は白癬菌というカビの仲間が感染することによって起こる皮膚病です。 白癬菌は足以外の皮膚に感染することもありますが特に足への感染が多く、全人口の4分の1が水虫(足白癬)にかかっているというデータもあります。水虫(足白癬)にかかると足の裏に小さな水ぶくれ(水疱)ができたり、指の間が白っぽくジクジクしたり、足の裏の角質が厚くなったりします。

 水虫(足白癬)の治療は症状によって多少の違いがあります。軽症の場合には1〜2ヵ月で治りますが、多くの場合には最低でも3ヵ月程度、長い場合は1年〜3年程度の治療が必要です。特に足の裏の角質が厚い人は水虫の薬を外用するだけでは治りづらく、角質を柔らかくする外用剤を併用することや、内服薬による治療が必要な場合があります。爪に菌が入ると爪水虫(爪白癬)になり、爪が白く濁って厚くなります。爪水虫(爪白癬)は外用剤では治りづらいため、内服薬での治療が必要になることが多いのですが、持病がある方や普段飲んでいる薬との飲み合わせが悪い方は内服薬を使用できない場合があります。また内服薬の使用中は、副作用のチェックのために定期的に血液検査を行う必要があります。

 外用薬は1日1回薄く外用するだけで効果がありますが、水虫の菌(白癬菌)は見た目でわかる病変よりも広い範囲に生息していますので、患部より少なくとも2・5センチ以上広めに薬を外用することが必要です。水虫の治療中は入浴時に患部を石鹸でよく洗う事、患部が高温多湿にならないようにし、よく乾燥させることも重要です。外用薬に対してかぶれ(接触皮膚炎)を起こす場合がありますので、そういった場合には外用薬の種類を変更することや、かぶれを抑える外用薬を併用することがあります。また、受診の前には、市販の水虫の薬を塗らないでください。水虫の薬を塗ってしまうと、検査で水虫の菌(白癬菌)を確認できなくなってしまうからです。