ニュース&トピックス

●●ドクター紹介 …鎌田 弘明 先生(大泉生協病院歯科・歯科研修医)

鎌田ドクター
総代会で伝えきれなかったことは今後、班会でフォローしていきたい

 182センチとすらりとした長身の青年歯科医師である。今春、歯科初期研修医として入職した。

 入職した動機を伺うと、「東京保健生協の初期研修のプログラムに魅かれた」と。職場はアットホームで、研修医にとって環境の良い職場である。開業医の父の影響で歯科医をめざした。先の総代会では「高齢者の嚥下と肺炎」について発言、たいへん好評を得た。わかりやすく伝えたいと心を砕いたが、持ち時間が少ないこともあり、伝えきれなかった。今後、班会などに参加させてもらう中で、フォローしていきたいと語る。

 入職するまで、生協や民医連について知らなかった。組合員さんから質問を受けることでモチベーションが高まる。どんな質問にも答えられるようになりたいと抱負を語る。また、今年の11・8(イイハの日)では「保険で良い歯科医療を」などの署名活動にも参加してみたいと意欲的である。

 今後、しっかり勉強して、患者・組合員さんの役にたてるようになりたい。痛くなくても、健康を保つ為に、定期検診を受けに来てほしいと考えている。幼少のころから、外遊びが好きで、サッカーや野球をして過ごした。中学、高校、大学はバドミントン部で活躍。学生時代には歯科大の全国大会で優勝した経験もある。ランニングなど汗をかくことが大好きであるが、今は、なかなか時間が取れず、気分転換にバドミントンをやる程度である。

 日本歯科大卒。大田区蒲田出身。24歳


聞き手*編集委員