ニュース&トピックス


薬の話---高脂血症の薬について

   さかした調剤薬局 薬剤師 
   知久 直美

 自覚症状のないまま、動脈硬化によって脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気を引き起こすのが特徴です。高脂血症の改善に食事療法とともに重要なのが薬物治療です

 高脂血症の薬は数種類に分類され、それぞれ効き目に特徴があります。一番多く使われている薬は身体の中でコレステロールの合成を抑えるスタチン系と呼ばれる薬剤ですが、他にも中性脂肪を下げる働きのあるフィブラート系薬剤やEPA、小腸でのコレステロールの吸収を抑えるもの、腸管内で胆汁酸と結合し、そのまま糞便中に排泄する陰イオン交換樹脂など様々なものがあります。いずれも医師の処方せんが必要な薬ですが、EPAは昨年、高脂血症の薬としては初めて処方せんなしに薬局で買えるようになりました。ただし『第一類医薬品』に分類されており、医療用医薬品と同等の注意が必要です。