ニュース&トピックス


薬の話---保湿剤について

   ひかわ調剤薬局   
   田中 彩華

 健康な皮膚には角層のバリア機能があり、水分の蒸発や外からの刺激を防いでいます。しかし、皮膚が乾燥した状態になると、角層がはがれてすき間ができ、外からの刺激を受けやすくなります。保湿剤は皮膚の水分が逃げないようにふたをしたり、皮膚に水分を与える役割を持っています。

 今回は、ハンドクリームやリップクリームにも使われている保湿剤であるワセリンと尿素、さらにヒルドイドついてお話します。

 ワセリンとは石油から作られた油分をベースに作られたクリーム状の物であり、肌に塗ることで肌の水分が逃げにくくなり、乾燥を防いでくれます。

 一方、尿素は乾燥した肌に潤いを与えてくれ、ガサガサと硬くなった角質層を取り除き、皮膚を正常な状態に戻してくれる2つの効果を持っています。

 最後に、ヒルドイドの主成分であるへパリン類似物質は保湿力が非常に高く、乾燥肌の予防・改善もでき、その上、血行を改善する効果もあります。

 ハンドクリームに関して言えば、健康な手を守る為ならワセリンなどの油分で外からの刺激から手を守るものが、実際に荒れてしまった手を補修するには、尿素配合のハンドクリームが適しています。保湿を真剣に求めるのであれば、尿素よりも保湿力の高いヒルドイドや、セラミドなどの成分が多く含まれるハンドクリームを選ぶといいと思います。

 保湿剤によるスキンケアは、季節に関係なく、年間を通じて続けることが大切です。保湿剤を正しく塗って、皮膚を守りましょう。