ニュース&トピックス

「あいうべ体操 」 で より健康に

●●石口雄一 大泉生協病院 歯科科長

石口Dr

 皆さん、呼吸は鼻でしていますか?最近口呼吸をする方が増えています。口呼吸だと何が悪いか?口がポカッと開いているので見た目がよくない。また口の中が乾燥するので虫歯、歯周病になりやすい。口臭の原因になる。口唇の力がなくなり歯列不正になりやすい。鼻のフィルターを通らないで空気が入るので風邪やインフルエンザなどになりやすい。舌の力が衰えるのでイビキや誤嚥性肺炎が起きやすくなるなどなど悪いことがいっぱいです。  

 口呼吸の原因はいろいろありますが、舌や口周りの筋力の低下もあります。これを改善するのが「あいうべ体操」です。

皆さん、口を閉じた時舌の先はどこにありますか?口蓋(口の中の天井)に舌先がついているのが舌の筋肉に力があり望ましい状態なのです。ではやってみましょう!

  「あー」と言いながら喉の奥が見えるくらい大きく口を開ける。 

  「いー」と言いながら前歯が見えるくらい口を思い切り横に広げる。

 「うー」と言いながら口唇を前に突き出す

  「べー」で舌先を顎の先まで伸ばすように舌を出す。

 顔の筋肉を大きく動かしながらゆっくり10回行いましょう。これを1日3セット行いましょう。 最初はきついかもしれませんがだんだん慣れてきます。舌の力がつくと気道が広がり空気も体にたくさん入ります。飲み込みも良くなり、ムセも減ります。二重アゴの解消、小顔の促進にも役立ちます。簡単にどこでもでき、副作用もありませんしお金もかかりません。是非お試し下さい。

   ただし、鼻に異常のある場合は耳鼻咽喉科にご相談下さい。