ニュース&トピックス


食…エゴマ油必須脂肪酸=α―リノレン酸

  東京健生病院 管理栄養士
  大竹 美枝子


 今話題の「えごま油」を使用されている方も多いのではないでしょうか?

 えごま油とはしそ科の植物「えごま」の『種子』から採取される油のことで別名「しそ油」ともいいます。えごま油に含まれている脂質の殆どは、体内で合成できない栄養素の必須脂肪酸でα―リノレン酸です。体内で合成できないため、食品から摂る必要があります。α―リノレン酸は体内でEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)を作る原料となります。EPA・DHAは青魚に多い成分として知られています。EPA・DHA(オメガ3系)脂肪酸の食事摂取基準は1日2g。えごま油の量にすると小さじ1杯程度です。鯖なら半身を食べないといけない量が小さじ1杯で手軽に摂る事ができることが話題のようです。1日の油の適量は大さじ1杯目安なので油の摂取としては3分の1程度になります。α―リノレン酸は過剰摂取すると欧米では前立腺がんになると報告されています。摂り過ぎには注意が必要です。調理方法としては酸化しやすいために加熱の調理には向かず、サラダのドレッシング、マリネなど加熱処理をしない調理に適しています。

 刺身と野菜を組み合わせた「カルパッチョ」はいかがでしょうか?

カルパッチョ_レシピ