ニュース&トピックス



健診制度が変わりました


東京保健生協の病院・診療所で「健診」を受けましょう! 健康づくりは班会で楽しく継続して!

大幅な医療費削減を狙い、メタボ対策に重点をおいた「特定健診」が四月から開始されました。今までの健診制度と大きく変わります。

病気の早期発見・早期治療を目的としていた健康診断が大きく変わり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・解消に重点をおいた「特定健診」「特定保健指導」がスタートしました。 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の蓄積により、高血圧、高脂血症、高血糖など生活習慣病が発症しやすくなり、この状態が長く続くと動脈硬化が進み、糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などにつながる心配があります。今回の特定健診で、もし「メタボ」と判定されたら、生活習慣を改善するために、医師、保健師、管理栄養士などによる「保健指導」を受けることができます。 特定健診・特定保健指導(40歳〜74歳が対象)は加入している健康保険により実施時期などが変わります。下表は5区の国民健康保険加入者の例です。健康保険組合など社会保険に加入している方は、各健康保険者が実施することになります。 東京では75歳以上の方は「後期高齢者健診」となります。

    ◆

5つの区では、今年度の健診は「メタボ健診」(注1)にプラスして「がん検診」や健診項目を拡大し、ほぼ従来通りの内容で実施されます。しかし、従来とは実施時期が異なります。ご家族、ご近所のみなさんに声をかけて、健診を受け、生活習慣の見直しにつなげましょう。 「脱メタボ」のためには「1に運動、2に食事、しっかり禁煙」が大切です。1人ではなかなか継続できない運動も、組合員同士、班会に参加して楽しく行うことが成功の秘訣です。この機会に健康づくり班会にぜひご参加ください。

(注1)「メタボ健診」の基本的な項目 一般検査:問診、身体・腹囲測定、血圧測定、理学的検査(身体診査)、尿検査、血液検査 ◎事業所利用委員会


班や、ご近所のみなさんと一緒に健診をうけましょう


文京区   区民健診のしくみが変わります
東京健生病院
今年度から文京区の健康診断の時期や対象となる方が大きく変わります。
これまでの「成人健診」や「高齢者健診」は廃止され、全て「特定健診」という名称になります。
また、この「特定健診」は社会保険に加入されている本人の方は受診することができません。
また、受診できる時期も誕生月によって変わります。
お間違えにならないように、ご近所やお友達同士で声を掛けあいながらの受診をおすすめします。
東京健生病院では遠方の方の健診送迎サービスも行っています。
ぜひ東京健生病院健診センター(3944・6116直通)までご相談ください。



■2008年度 文京区自治体関係健診・検診一覧

健 診 名
期 間
対 象 者
備 考
子宮癌検診 (春) 5〜6月 大正・昭和奇数年度生まれで20歳以上の文京区民  
子宮癌検診 (秋) 9〜10月
胃癌検診 6月16日〜9月 今年度40歳以上の文京区民  
特定健診(前期) 7〜8月 4〜9月生まれの文京区民 40歳以上の文京区民で社会保険本人以外の方が対象
特定健診(後期) 9〜10月 10〜3月生まれの文京区民
特定健診(予備期) 11〜1月 上記期間に受けられなかった人
大腸癌検診 11〜1月 10〜3月生まれの文京区民  
9〜10月 11〜1月  
11〜1月 11〜1月  



中央区   健康診査がスタートしました
鉄砲洲診療所
国の医療制度改革に伴い健康診査の実施方法が変わります。
従来とは、実施時期などに変更があります。班やご近所のみなさんと誘い合って受診してください。
診療所では日曜の特別健診日などを検討しておりますので、お問い合わせ下さい。
電話(3551)1616

■中央区健診の概要

 
対象
実施主体(健診内容など)
 
40〜64歳
国民健康保険加入者 区が実施(特定健康診査+中央区の追加項目 受診券が送付される
健康保険組合などの加入者 健康保険組合などが実施(特定健診 健保組合に問い合わせる
区が実施(中央区の追加項目) 区に申込む
65〜74歳
国民健康保険加入者 区が実施(特定健康診査+中央区の追加項目+生活機能評価 受診券が送付される
健康保険組合などの加入者 健康保険組合などが実施(特定健診 健保組合に問い合わせ
区が実施(中央区の追加項目+生活機能評価) 区から受診券(追加項目・生活機能評価)が送付
75歳以上
  区が実施(高齢者健康診査+生活機能評価+中央区の追加項目 受診券*が送付される


■受診時期

対象者
受診期間
受診券発送期間
4月〜7月生まれの方 7月1日〜10月31日 6月下旬
8月〜11月生まれの方 8月1日〜11月29日 7月下旬
12月〜3月生まれの方 9月1日〜12月27日 8月下旬


台東区   総合健康診査について
橋場診療所
「メタボリック中心の健診では片手落ち」と従来の健診の主要な項目を特定健診に上乗せすることになった台東区。
ただし、健診の実施期間が昨年の半分になってしまいました。
4月から9月に生まれた区民は6月〜9月の4か月間、10月から3月生まれの区民は8月〜11月の4か月間に受診することになる。「そのうち受けるよ」とのんびりかまえていると受診期間を過ぎてしまうかもしれないので注意が必要です。
救済措置として12〜1月の2ヵ月間うけられますが、公私ともに忙しい時期なので、早めの受診がおすすめです。 尚、社会保険の加入者の対応については検討中とのことです。



子宮がん検診を受けましょう   練馬区民健診も始まりました
大泉生協病院
 子宮がん検診には大きく2つの種類があります。
@頸がん検診(子宮の入り口)→主に行われる検査です。
A体がん検診(子宮内部)→医師の診察により行われる検査です。
近年ライフスタイルや食生活などの変化により、がんで死亡する率は増加傾向にあります。日本では特に30歳代から40歳代の子宮頸がんの死亡率が増加しており、がん種別毎の死亡率では上位3位以内に入っています。
しかし、実際の子宮がん検診の受診率は、他の先進国に比べ低く、わずか24%に留まっている現状です。多くの自治体が子宮がん検診の指針として、原則2年に1回の検診を行うものとしています。しかし、子宮がんは早期発見・早期治療で完治可能な病気と言われており、自覚症状が全くない方でも、積極的な受診をお勧めいたします。
また子宮がん検診と合わせて、6月より練馬区民健診も開始されます。
お手元に練馬区から受診券が届いている方は御予約可能ですので、病院窓口かお電話にてお申込み下さい。(受診券は誕生月別に区から送付されます)
電話(3551)1616


豊島区   特定健診・特定保健指導が始まりました
鬼子母神診療所
豊島区の特定健診・特定保健指導が始まりました。
今年度から制度が変わり、国民健康保険の加入者の方が対象(40歳〜74歳)になり、誕生月で実施時期が限られますのでご注意下さい(表を参照)。対象者には、区より事前に受診券が郵送されます。
尚、75歳以上の方は、長寿健診(後期高齢者健診)が9〜10月に行われます。8月下旬に受診券が届きます。 診療所では多くの皆さんに受診していただけるよう、日曜健診(7月は27日午前)や火曜・木曜の夜間診療で健診を行います。また健診が短時間で済むよう準備しております。
ぜひ支部や班、ご近所のみなさまも誘っていただいて受診して下さい。

お問い合わせなどは診療所まで
電話(3984)6821


■受診時期

誕生月
健診実施期間
4月〜7月生まれの方 6月〜8月
8月〜11月生まれの方 8月〜10月
12月〜3月生まれの方 10月〜12月