ニュース&トピックス


食…機能性表示食品について

  介護老人保健施設ひかわした 管理栄養士
  中田 奈穂


 今年の4月から食品の新しい表示制度(機能性表示食品)がスタートしました。

 これまでは、食品の機能性について表示が認められていたのは、国が個別に許可した「特定保健用食品(トクホ)」と国の規格基準に適合した「栄養機能食品」だけで、それ以外の食品については、その機能について表示することができませんでした。この新たな「機能性表示食品」制度では、「安全性」や「機能性」について、一 定の条件をクリアすれば企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになりました。トクホと違って、機能性表示食品に特にマークはありませんが、商品のパッケージに「機能性表示食品」と明記されます。

 注意したいのは、たくさん摂取すればより多くの効果が期待できるというものではないということです。過剰な摂取が健康に害を及ぼす場合もあります。表示してある 一 日当たりの摂取目安量、摂取方法、注意事項などをよく確認しましょう。またこれは、疾病に罹患していない方ー未成年、妊産婦(妊娠を計画している方を含む)及び授乳婦を除くーを対象にしたものです。

 ある食品、ある栄養素に偏るのではなく、健康のための食生活の基本は、主食・主菜・副菜をベースにした食事であるということを忘れないようにしましょう。