ニュース&トピックス

●●ドクター紹介 …有吉弘子 先生(氷川下セツルメント歯科 歯科医師)

有吉医師
歯の健康は全身疾患の予防につながります

 「口の健康を保つことは全身疾患の予防につながります」と、今年の総代会で発言、口腔ケアの大切さを強調されました。

 大学卒業後は証券会社に勤務されていたそうです。なぜ全く別世界と思われる歯科医の道を歩むことになったのでしょう。たまたま休暇中に歯科の訪問診療に同行するボランティアに参加する機会に恵まれた時のこと、通院できない患者さんが歯科医師の訪問をことのほか喜ばれる姿に感動し、その時、歯科医師になることを決意したとのことでした。今年4月に入職したばかりですが、すでに氷川下セツルメント歯科を中心に橋場診療所、江戸川橋診療所の歯科でも診療されています。また歯科医師になる原点であった訪問診療にも携わるようになりました。「まだまだ歯科での訪問診療が知られておらず、もっと多くの人に利用していただきたい」と語られます。医療生協についての印象は「今まで全く知らなかったのですが、保健講座や総代会に参加し、組合員さんが一人ひとりしっかりと自分の意見をもち熱心である」ことに驚いたそうです。

 出身は東京都。子どもの頃は好奇心旺盛で闊達な少女であったとのこと、「遥か昔」クラシックバレエをやっていたこともあって今は、趣味としてその鑑賞。しかし最近は時間がとれないのが悩みだそうです。

 先生が目指すものをお聞きすると、「患者さんの話をよく聞き、患者さんに寄り添える歯科医師。そのためにきちんと技術を磨き、どんな症例にも対応できるような歯科医師。地域密着で連携していける歯科医師」と。豊富な歯科医師の理想像を聞くことができました。  最後に組合員さんへのメッセージをお聞きしました。

「熱意ある組合員さんに負けないようがんばります。なんでも相談できる歯科医師をめざしています。まずは歯科健診にいらしてください」

 おだやかで、明るく、さわやかな印象の先生でした。


聞き手*編集委員