ニュース&トピックス


歯の話…子どもの歯科治療

  橋場診療所歯科 所長
  猿田 浩一


 乳歯は永久歯と比べて大きさは小さく、歯の厚みが半分程度しかない、また虫歯になりやすく進行もとても早いという特徴を持っています。そのため、2〜3か月程度でも神経に達するような虫歯に至ってしまうこともあります。そのため日頃から歯科定期健診により虫歯を小さいうちに治療することが大切です。健診の間隔ですが個々の状態により変わりますので、かかりつけ歯科の指示に従ってください。

 歯に穴が空いた、冷たいものや熱いものがしみる、痛いなどの自覚症状がある場合、往々にして虫歯が大きいです。お子様に非常に強い痛みが出ているが暴れて治療が困難な場合、抑制してまで治療をしなくてはならないこともあります。なるべく抑えつけての治療をお子さんには受けてほしくないですよね。

 虫歯にさせない最も大切な日頃気を付けてほしいことについてお話します。正しい歯磨きをさせ、フッ素含有の歯磨き剤を使用してください。毎食後磨くのが理想的ですが、なかなか難しいと思います。寝ている間は唾液の分泌量が少なくなり虫歯になりやすいので寝る前の歯磨きが一番重要です。また仕上げ磨きは小学校2年生ぐらいまで必要です。そのころまでに自分で磨ける技術も徐々につけていく必要があります。というわけで定期的に歯科医院を受診してブラッシング指導、またフッ素塗布を受けましょう。永久歯が生えてくる時期でもあります。生えたての永久歯は幼若永久歯といって虫歯になりやすいです。新たに生えてくる永久歯の歯ブラシ指導、フッ素塗布も重要でシーラントという予防剤を塗ることも必要に応じてあります。フッ素は一度塗ることで効果を期待するものではありません。長期に繰り返し使用することで効果が出ます。また食生活のコントロールをする事も大切で甘いものを食べさせ過ぎない、だらだら食べさせない。「知らない人に台の上で抑えつけられ泣き叫ぶ保育園児の自分に注射をする悪い人=歯科医師」というのが私の最初の歯医者のイメージです。ちなみに私が暴れすぎて舌に麻酔の針が少し刺さってしまったようで私はそれに気づき、より一層必死に逃げようとしたことまで覚えています。自分が経験したような事を私の担当するお子さんを含め患者さんには経験して欲しくない。歯ブラシ練習とフッ素塗布、虫歯チェックをしてもらい笑顔でバイバイする。歯医者さん=怖くない所、苦痛のない所というイメージを子どもさんに持って欲しいのです。