ニュース&トピックス


薬の話---花粉症のはなし

   ひがし大泉薬局   
   山本 孔美子

 今回は花粉症の薬に関しての質問をいくつかご紹介いたします。

 Q1:花粉症の薬はいつから飲み始めた方がいいですか?

 A:花粉が飛び始める1〜2週間前からお薬の服用を開始すると、花粉症の症状が出る時期を遅らせたり、花粉シーズン中のつらい症状を軽減したりする事が期待されています。早めに医師に相談しましょう。

  Q2:眠くならない花粉症の薬はありますか?

 A:花粉症の治療でよく使われる抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を改善する反面、脳内に作用して眠気を引き起こします。抗ヒスタミン薬の中には眠気を起こしにくい薬もありますが、人によっては眠くなる場合がありますので注意が必要です。他に眠気を引き起こす作用のない薬として、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬などがあります。

 Q3:症状が治まったら薬をやめてもいいですか?

 A:花粉が飛んでいる間は症状が起こる可能性がありますので、続けて下さい。花粉シーズンが終わって症状がなくなれば、薬はやめてもいいでしょう。

 Q4:花粉症の薬は風邪薬と併用しても良いですか?

 A:花粉症の経口薬の場合は、風邪薬と共通して抗ヒスタミン薬や血管収縮薬が含まれていることがあります。併用すると血中濃度が上がってしまい副作用の生じる可能性が高まる場合があるので、医師、薬剤師に相談しましょう。