ニュース&トピックス


歯の話…歯磨き粉について 

  歯科医・氷川下セツルメント歯科 
  赤石 岳雄  

1.歯磨き粉の効能と成分 

 (1)虫歯予防にはフッ素。歯垢中の細菌が、食べかすを餌に酸を出し、歯を溶かし虫歯になります。フッ素は歯垢による酸の放出を抑え、再石灰化を促進し修復します。フッ素は濃度が高いほど有効で、950PPM以上がお奨めです。市販されている物は、濃度が不明であったり、低濃度の物もあるので、歯科医院専売の物を職員に確認してから購入するのが確実です。フッ素配合の歯磨き粉は歯ブラシ後、うがいを少なめの1、2回にしましょう。フッ素を定着しやすくするためです。

 フッ素が危険という説もありますが、日本国内で常識的に歯磨き粉として使用するのであれば、少々飲み込んでも体には問題ありません。

 (2)歯周病対策には塩酸クロルヘキシジン

 (3)着色除去には研磨剤(イメージが悪いので清掃剤としている物も多い)と着色を浮かせて落としやすくする成分が入っています。研磨剤のため、着色は落ちますが、歯の表面を傷つけ、よけいに着色しやすくしてしまいます。どうしても着色が気になる方は、毎日使わず時々の使用をお奨めします。研磨剤が嫌な方は、ジェル状の歯磨き粉がお奨めです。

 (4)発泡剤……泡立ちのため磨けた気分になるだけなので、むしろ入っていないほうがお奨めで、ドライマウスの原因とも言われています。

2.おすすめ歯磨き粉(歯科医院専売が多いです)

 (1)虫歯対策のお子さん用…チェックアップジェル(ライオン)キシリトールの甘みと各種のフレーバーあり(バナナ味はフッ素濃度500PPMと低く、小さなお子さん用)

 (2)歯周病・虫歯対策の成人用…コンクールジェルコートF(ウェルテック)低研磨・発泡剤無配合で塩酸クロルヘキシジンやフッ素950PPM配合の万能製品。クロルヘキシジンは長期使用で歯を着色させるので、着色が気になる方は、研磨剤の入った物との併用がお奨めです。ちなみにメーカーからそのためのクリーニングジェルソフトがセットで売り出され、一週間に1、2回の使用を奨めています。その他には、知覚過敏(歯がしみる)用のシュミテクトも有名ですが、多くの良い製品があります。ご自分で使い試してみるのもどうでしょうか。