ニュース&トピックス

●●ドクター紹介 …井澤麻耶 先生(大泉生協病院内科)

困ったら受診にきてほしい

 昨年6月から大泉生協病院の常勤内科医として勤務されている2児のママでもある井澤先生にお話しを伺いました。

出身地はどちらですか?

 東京都練馬区です。練馬区は昔からの地元です。

これまでの経歴を教えてください。

 大学病院の医局を経ていくつかの病院を経験し、千葉県野田市の病院に着任しました。しかし遠かったので地元の大泉生協病院にお世話になることになりました。

専門は何ですか?医者を目指されたきっかけは何ですか?

 専門は呼吸器内科です。祖母が医者嫌いで「大丈夫、大丈夫」と悪い病気がみつかるのを避けていたためおばあちゃん子の自分が医者になったらおばあちゃんに病院に来てもらいたいと思ったことがきっかけです。そんな祖母もガンで、自宅で最期を迎えました。

どんな医者を目指していますか?または医師としての抱負はどんなものですか?

 同じ病気でも人によって症状が違うので患者さんを1人1人丁寧に診たいです。ただ、今は目の前のことをやらないと追いつかないので勉強の毎日です。

趣味・特技はありますか?

 幼少期から水泳をやっていて大学でも水泳部でバタフライをやっていて全国大会の選手でした。休日は6歳の娘と4歳の息子と一緒に遊んでいます。海、山、遊園地が好きで子ども達と一緒に楽しんでいます。

好きな言葉は何ですか ?

 好きな言葉は「とりあえず頑張っておく」ということです。

東京保健生協について感じられていることは?

 医者どうし仲が良いところです。看護師、MSW(メディカル・ソーシャル・ワーカー)、薬剤師、リハ科など多職種の皆さんとのカンファによって連携がよくとれているので、患者さんの退院後のケアができる点も良いです。

組合員さん・患者さんに一言お願いします。

 困ったら受診にきてほしいです。具合が悪い時に自分ひとりで考えると悪い方向に考えてしまう為、とりあえず病院に相談にきてください。

 ミッキーマウスが好きで、好きな食べ物はリンゴでまるかじりで食べるのが好きなチャーミングな井澤先生に受診してください。

聞き手*編集委員と組合員