ニュース&トピックス


薬の話---インフルエンザ

   桜川薬局   
   山崎 とし恵

 インフルエンザはインフルエンザウィルスによって起こる感染症です。

 インフルエンザの原因となるインフルエンザウィルスは、A型、B型、C型に大きく分類されます。このうち大きな流行の原因になるのはA型とB型です。どの型が流行するのかを予測するのは困難です。。

 インフルエンザの最大の予防法は流行前にインフルエンザワクチンの接種でインフルエンザに感染しにくくなり、かかったとしても軽い症状ですみます。

 インフルエンザの治療はインフルエンザウィルスの増殖を抑える薬(抗インフルエンザウィルス薬)で治療します。

 薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内) に開始すると発熱時期は通常1〜2日間短縮され、鼻や喉からのウィルスの排出量も減少します。症状が出てから48時間以降に開始した場合、十分な効果は期待できません。効果的な使用のためには用法、用量、期間を守ることが重要です。

 以前、タミフル服用で異常行動を起こすとして話題になりましたが、厚生労働省医薬品安全対策委員会は「タミフル服用の有無にかかわらず異常行動はインフルエンザ自体に伴い発現する場合がある」と結論づけています。他の薬についても異常行動がみられたとの報告もありますが、インフルエンザ治療薬と異常行動との明確な因果関係ははっきりしていません。単なる解熱剤を服用しただけでも異常行動が見られることもあります。

 どんな薬を服用したとしても、特に小さなお子さんなどの場合には事故を防ぐため、発症から2日間は患者さんが一人にならないように配慮すると安心です。