ニュース&トピックス

明けましておめでとうございます

東京保健生活協同組合理事長
根岸 京田

 生協組合員、職員の皆様、明けましておめでとうございます。旧年中も東京保健生協に対し変わらぬ多大なご支援をいただき、誠にありがとうございました。

 昨年は組合員数が5万人を超え、2月には看護小規模多機能居宅介護事業所「千石にじの家」が開設されました。綺麗な施設ときめ細やかなサービスで利用者さんに喜ばれています。近隣の東京健生病院、老健ひかわしたとともに、いのちと暮らしを支える強力なネットワークが機能しています。6月にはHPH国際カンファレンスに代表団を派遣しました。カンファレンスの様子を聞くたびに、日本における民医連や医療福祉生協の活動が、WHOをはじめとした世界の健康を守る活動に非常に近いものだと感じます。10月には第1回日本HPHカンファレンスが開催され、組合員さんと職員の多くの参加と発表がありました。10月末の橋場診療所の開設60周年記念祝賀会では、地域の医療要求から出発し、地域の支持を得ながら医療活動を続けてきた歴史を感じました。

  今年もHPH国際カンファレンス、医療生協養生会との合併、第7次中期構想の策定など課題が目白押しです。本年も東京保健生協をどうぞよろしくお願いいたします。