ニュース&トピックス

支部紹介…石泉支部
支部長 玉林 定次郎
石泉ならではの「なんでもウォッチング班」

石泉支部は、1995年10月に大泉学園診療所が生まれたときに約400名で練馬南支部(現在の南大泉、南、西南、石泉の区域)として発足しました。
それが組合員の増加に伴い分割し、2007年8月から現在の石泉支部として活動しています。

区域は西武池袋線大泉学園駅から西武新宿線上石神井駅までの南北約2.5km、東西約700mです。 現在の組合員数は約1450名、班は16あります。
運動、脳トレ、歌、ダンス、お抹茶、布ぞうり作りなどの班のほか「何でもウォッチング班」は地の利をいかし、自然豊かな石神井公園で自然観察を行い、博識な組合員が講師になり、四季折々の自然の驚異に触れています。 また、ひとりぼっちをなくそうと毎月「ほんわかるーむ」という集いを開いています。 カニノツメというきのこです。見たことがありますか。


カニノツメ(きのこ)