ニュース&トピックス

歯の話…口腔乾燥症の話
大泉生協病院歯科
歯科科長 石口 雄一

皆さん、口の中が乾燥する経験ありますか?ほとんどの方があると思います。これがひどくなったものがドライマウスです。

唾液の役割は(1)口腔内を滑らかに保ち、食べる、飲み込む、話す、の動作をスムーズにさせること、(2)口腔内に入ってきた食物や細菌、ウイルスに中和作用や抗菌作用をもたらすこと、(3)お米などのデンプンに対する消化作用(4)口腔内粘膜の保護、修復作用などがあります。

(1)については皆さん経験あるでしょう。パサパサなものを食べるとなかなかまとまらず飲み込みにくいですね。これは唾液と食べ物が混ざり合い、飲み込みやすくする食塊というものがなかなかできないからです。飲み込むのに時間がかかり、さらに誤って気管に入り誤嚥性肺炎を起こす危険性もあります。また唾液に食べ物が溶けて味覚が発生しやすくなりますが、それが低下し味気ない食事になり食べる喜びがなくなることもあります。会話をするにもひっかかり、傷ついたりして話すことがおっくうになることもあります。

(2)は唾液の中和作用、抗菌作用、食べ物の残りを洗い流す作用が減り、口腔内の細菌数が増え、酸性になりやすくなり虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまいます。この状態では特に根元の磨き方に気をつけないと歯が磨り減る原因にもなります。(3)は栄養がとりづらくなってしまうこと。(4)は口腔粘膜炎や痛み、感染症にかかり易くなることです。

ドライマウスの原因は糖尿病などの全身疾患、ストレス、薬(一般的な処方薬の80%が該当すると言われています)などが挙げられます。唾液を良く出すにはよく噛んで食べることが大切です。あいうべ体操、嚥下体操も効果があります。しかし、虫歯、歯周病、歯がなくなった、合わない義歯では良く噛めません。

口は体の、そして健康(健口)の入口です。お口の定期健診を行い、いきいきとした健康な生活を送りましょう。