ニュース&トピックス

第7次中期構想 東京保健生協らしい地域包括ケアシステム(1)
「ヘルスプロモーションの息づくまち」〜すこやかにいきる〜
台東区谷中 よみせ通りいこいの家
健康ハピネス教室で運動機能・介護度改善!第1クール終了

3月から介護予防教室「健康ハピネス教室」が始まりました。
地域の高齢者を対象に、医療の専門職が「運動、口腔・嚥下、栄養、認知機能」のプログラムを週1回、8週間を1クールとして行いました。
2クール目は5月から始まり、専門職のプログラムに加え、1クール目を卒業された参加者の方にサポーターとして活動していただき、参加者の自主活動を促すプログラムとしてバージョンアップされています。また、励まし合いの中で友だちもでき毎日が楽しく変化されるなどうれしい効果も表れています。これは、ヘルスプロモーション(健康を自らつくっていく)活動そのものです。
1クール終了されたYさんは、運動機能はもちろんの事、口腔機能にも改善が見られ、介護度が要介護から要支援へと改善されました。また、階段の上り降りもしやすくなり、表情も明るくなりました。参加者がプログラムに参加した効果について科学的に解析し、より良いプログラムへと改善し提供してゆきます。地域でいきいきと生活していけるよう、ご参加をお待ちしております。


《参加者の声》
お金の心配なく参加できよろこんでいます (80歳)
運動を増やしたくてケアマネにいこいの家を紹介してもらいました。健康ハピネス教室はお金の心配なく専門家の指導を受けることができ、毎日のころばん体操と合わせて介護度が要支援に下がり嬉しいです。


第1期卒業式修了証をお渡ししました