ニュース&トピックス

薬の話…日焼け止めの正しい塗り方と注意点
ごんげん坂薬局
薬剤師 土田 華代

肌に影響を及ぼす紫外線には通年照射されているUV-Aと夏に照射量が増えるUV-Bがあります。皮膚の赤み(紅斑)を伴う日焼けは主としてUV-Bが原因となります。
過度に紫外線を浴びてしまうとひどい時には水ぶくれができたり、火傷のような状態になったりします。その場合、抗炎症作用のステロイド剤や抗菌剤を用いた皮膚科治療が必要となります。皮膚の老化や皮膚がんの発症リスクを減らす意味でも日焼け防止は大切です。
紫外線の強いこの季節、肌を守るため日焼け止めの塗り方を確認してみましょう。

日焼け止めを塗る上で最も大切なことは、ムラなく、隙間なく、必要量をきちんと使用することです。塗りムラがあったり使用量が少なかったりすると日焼け止めの効果が落ちてしまいます。使用する量は日焼け止めの剤型(ローション、乳液、クリームなど)によっても異なるので使っている製品の情報を参考にしてください。
また肌への刺激を増幅させないため、日焼け止めはすり込まず、覆うように使用します。最近は耐久性の優れている日焼け止めもあります。しかし水や汗で流れてしまうこともあるので、2〜3時間おきにこまめに塗り直すとその効果は高くなります。
日焼け止めに含まれる主要成分としては紫外線散乱剤と紫外線吸収剤に大別されます。後者の方が紫外線の予防効果は高いのですが有機化合物であるため、人によっては刺激を感じ、まれにかゆみや赤みを生じることがあります。紫外線拡散剤のみで製造されたノンケミカル製品もありますので、肌の状態と用途に応じて使用してください。使用後はクレンジングや石鹸できれいに洗い流し、肌の保湿を心がけてください。