ニュース&トピックス

薬の話…薬を飲み忘れたこと はありませんか?
西参道薬局
薬剤師 森岡 久美子

薬の飲み方は、効果が最大隈に発揮でき、副作用が少なくなるように設定されています。飲み忘れをした場合は次の注意点を守り、服用して下さい。一般的には、飲み忘れに気が付いた場合は、その時点で服用し、次回の服用時間をずらして下さい。
次回に服用するまでの間隔の目安は、(1)1日3回服用の薬は4時間以上あける、(2)1日2回服用の薬は6時間以上あける、(3)1日1回服用の薬は8時間以上あけて服用して下さい。胃に員担がかかるような薬の場合は、何か食べてから服用して下さい。また、次回の服用時間に近い時に飲み忘れに気付いた場合は、1回抜かして次回分から服用して下さい。
週1回・月1回の薬を決められた時間に飲み忘れた場含は、翌日服用し、次回分からは決められた日に服用して下さい。
一度に2回分を飲まないで下さい。効果は期待できず、副作用の症状が出る可能性が高まります。決まった時間に服用しないと効果が見られない薬の飲み忘れについては、事前に対処法を確認しておきましょう。

薬の飲み忘れを防ぐ対策として
(1)お薬力レンダー、曜日別に入れる薬ケースを利用する、
(2)薬の種類、量が多い場台は、服用時点ごとにパックしてもらう(一包化)、
(3)食事の時、薬を食卓に出しておく、
(4)食事の回数やライフスタイルに合わせて、服用法を医師に検討してもらう、
などがあります。薬の飲み忘れは、病状の悪化や身体に支障をきたす事があります。自己判断せず、医師、薬剤師にまず相談してください。