ニュース&トピックス

10月14日 医療生活協同組合養生会・東京保健生活協同組合
合併記念フェスティバル
ひろげよう健康で明るいまちづくり 日本教育会館

ご参加ください。

  • とき
    10月14日(土) 13:30開会(13:00開場)
  • 場所
    日本教育会館 一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋2-6-2)
  • 参加費
    無料
    生協だより9月号7面掲載のチケットを切り取るか、PDFを印刷してお持ちください

オープニングは組合員100名による大合唱!2曲を会場のみなさんと一緒に歌います。両生協の御神輿も登場。会場雰囲気を大いに盛り上げます。

第1部記念式典では〜
両生協の歴史を振り返り、活動紹介DVD上映します。シナリオ、ナレーションも組合員手づくりです。舞台監督も決まりました。どんなものができるのか今から楽しみです。

第2部記念講演は「東北大学名誉教授・日野秀逸先生」
「わたしらしく生きる」という視点から、憲法と社会保障を学び考えます。社会保障運動は憲法を理解せずにはできません、また、社会保障運動は、憲法を守る運動、憲法を具体化する運動と不可分です。憲法と社会保障は結局のところ、人びとが、できるだけ「私らしく生きる」ことを可能にする社会的約束であり、仕組みでないだろうか、というのが日野先生の問題意識でお話していただきます。書籍も販売予定しています。


日野秀逸先生

第3部文化企画では〜
まず、かっぽれで有名な「江戸芸」を9人で踊り会場を大いに盛り上げます。続いて劇団俳優座お正月公演有馬理恵・加藤頼プおもロディースによる「いつもいつも君を憶ふ」予告パフォーマンスです。過去を変えることはできないけれど、過去から学ぶことができる。100年のスパンで歴史を見つめ直し、人間関係が希薄化している現代社会において、家族の視点で輪廻転生を描くことで、人間同士のぬくもりの中にこそある希望を未来へ繋げるために、この芝居をお届けします。最後は組合員合奏「上を向いて歩こう」を自分の得意な楽器で演奏します。


俳優座の有馬理恵さん(左)と加藤頼さん(右)