ニュース&トピックス

歯の話…「歯の手入れ」について
氷川下セツルメント歯科
所長 赤石 岳雄

読者の声で「歯の手入れ」についてご質問があったのでお答えさせて頂きます。
まず「歯の手入れ」は、
(1)ホームケア(セルフケア)…毎日の自分自身による歯ブラシなどによる手入れ、
(2)プロフェッショナルケア(スペシャルケア)…(1)で取りきれない汚れ、歯石を歯科医院で定期的にクリーニングする専門家による手入れ、
の2つに分かれます。

「1日3食」食べるとその都度歯は汚れますが、毎食後(2)のプロフェッショナルケアを受けられないので、このような形になります。

(1)ホームケア
毎食後の歯ブラシが基本です。歯ブラシについて書きます。
毎食後、1回約5分、歯ブラシ法はスクラビング法が一般的です。スクラビング法とはゴシゴシこするという意味で、歯ブラシを横に「小さく微振動」させ磨く方法です。歯ブラシは毛が硬くないものであれば何でも良いです(幼児はヘッドの小さい幼児用が良い)。歯みがき粉は小児ではチェックアップなどのフッ素が入ったもの、成人ではジェルコートなどの薬効成分が入ったものがオススメで、一回米粒一粒か小豆大くらいで量は十分です。
食後すぐ磨かず、唾液中のカルシウムが歯に再び取り込まれ硬くなる食後30分後に、歯ブラシすると良いと話題になりましたが、あまり定着せず、食後すぐの歯ブラシでよいと思います。他にもヨーロッパでは、食後キシリトールガムを噛んでから歯ブラシをするよう指導している国もあるようですが、日本では定着しないでしょう。

歯間ブラシについて
30歳以上の方や冠ブリッジなど人工物が入っている方は毎食後、無理なら1日1回夜の歯ブラシ後だけでもやりましょう。基本は歯ブラシ後、歯磨き粉はつけず、各歯間をようじを入れるように数回こするだけです。歯間ブラシはサイズや入らないところもあるので、よくわからない方はかかりつけ歯科医にご相談ください。 小児や成人で歯間ブラシが入らないところは、糸ようじ(フロス)もよいと思います。
他に電動歯ブラシの質問がよくありますが、きちんと手みがきできれば無理して買わなくてもよいです。おすすめはフィリップスソニケアです。

入れ歯のお手入れ
部分入れ歯・総入れ歯どちらも食後外して口の中をお手入れします。入れ歯専用ブラシなどを使って、家庭用中性洗剤でゴシゴシ洗い、水で流します。お皿と一緒の感覚です。ポリデントのような置き洗いの洗剤は1週間に1回でよいです。

(2)プロフェッショナルケア
歯科医院で歯石をとり、クリーニングします。メンテナンスといわれます。来院間隔は、その人の症状により異なり、1ヶ月に1回から3・4か月に1回、半年に1回と様々です。保健適応なのでかかりつけ歯科医にご相談ください。
昔は痛くなったら歯科医院に行って治療をうけるものでしたが、時代は変わり、予防目的で歯科医院に来られる方も多いです。予防、手入れに「遅い」ことはありません。よりよい食生活、健康増進のため、いま一度、ご自分のお口のお手入れを見直してみてはいかがでしょうか。