ニュース&トピックス

薬の話…便秘の薬
地蔵通り薬局
薬剤師 樋口 亜矢子

便秘が起こる主な原因は大きく分けて以下の3つです。
(1)便がかたい
(2)腸の動きが低下して便が腸に留まっている
(3)排便する力が低下している。

これらの原因を改善する便秘薬も大きく分けて3つあります。
(1)便を軟らかくする薬(塩類下剤など)は、便の水分を増やして便を軟らかくする薬です。代表的なものは酸化マグネシウムです。腸を直接刺激する働きをもたない為、腸の感覚が鈍くなりにくいのが利点です。
(2)腸を動かす薬(刺激性下剤)は、大腸の粘膜に直接刺激を与えて蠕動運動(腸を動かす)を活発にし、排便を促す薬です。代表的なものにセンナ(商品名:アローゼン他)、ピコスルファートナトリウム(ラキソベロン)などがあります。刺激性下剤を飲み過ぎると下痢や腹痛が起こったり、薬の刺激に腸が慣れて効果がなくなり慢性便秘になることもあります。塩類下剤などを服用し効果が不十分な時だけ飲むのが理想的です。
(3)排便する力を助ける薬は、直腸にたまった便の排出を促します。代表的なものは、坐薬や浣腸で炭酸水素ナトリウム・無水リン酸二水素ナトリウム(新レシカルボン坐剤)、グリセリン浣腸などがあります。長く使用すると習慣性を招くため、必要時のみ使用する薬です。

腸の動きは日々の食事や生活リズムに大きく左右され、便の状態も日々変化します。その為、便を軟らかくし、腸を動かし、便を出すことを基本に、お薬も日々の便の状態に合わせていくと効果的です。