ニュース&トピックス

薬の話…点眼薬の使用方法
西参道薬局
薬剤師 武内 雅美

今回は、知っているようで知らない点眼薬の正しい使用方法について説明します。

まず、点眼前に手を良く洗いましょう。点眼時には、まぶたやまつ毛に点眼薬の先が触れないように注意します。これは、薬液の中にバイキンや不純物が入らないようにするためです。
そして、点眼は1滴で十分な量です。何滴入れても目からこぼれてしまいます。いくつかの種類の点眼薬を使用する場合は、先に点眼した薬液がこぼれないように5分以上の間隔を空けるようにしてください。複数の点眼液を使用する時には順番を考慮した方が良いものもありますので、医師や薬剤師に聞いてみてください。
点眼薬の中には光に弱いものもありますので、付属の袋に入れておきましょう。また、温度に弱い点眼薬もあり、それは薬局で冷蔵庫に保管するよう言われると思います。
点眼後に目をぱちぱちしてしまう方も多いかと思います。しかし、これでは薬液を目から口の方へ流してしまい、効果が十分に発揮されないと言われています。点眼後はしばらく目を閉じて、軽く目頭を押さえておくのが、上手に点眼するポイントです。

今日から正しい点眼方法を試してみてください。