ニュース&トピックス

薬の話…くすりはどうして食後に飲むのか
さかした調剤薬局
薬剤師 知久 直美

タイトルとは矛盾しますが、くすりはすべて食後に飲むものと決められているわけではありません。くすりの飲み方は、その薬効によって、大きく食後、食前、食間に分けられています。

「食後」とは、食事が終わって30分後までを言い、食直後飲み薬のなかでもっとも多くみられるタイプです。食べ物と一緒のほうが吸収が良くなるくすりや、胃粘膜への刺激が強く胃を荒らす可能性のあるくすりなどが食後に飲むものになります。
「食前」とは、食事の直前から30分くらい前のことです。一部の糖尿病薬や吐き気を抑えるくすりなどは食(直)前に飲まないと期待した効果が得られません。
「食間」とは、食事と次の食事の間、食後2時間ぐらいたってからを言います。その頃になると、食べた物が消化され、胃の中の食べ物が少なくなります。食間に飲むよう指示されたくすりは、空腹時の方が、吸収が良いものです。一方、胃酸で胃が刺激されるのを防ぐためのくすりも食間に飲みます。

このように、服用時間の指示には、それぞれにきちんとした意味があります。
おくすりの飲み方は薬袋(やくたい)や薬剤情報提供書に指示が記載されています。それらを確認し、正しい用法でくすりを飲むよう心がけてください。