ニュース&トピックス

薬の話…サプリメントと薬
桜川薬局
薬剤師 宮前 浜子

サプリメントって?
サプリメントとは英語で「補う・補充」の意味があり、日常の食事では不足する栄養分を補う補助食品を指して、日本での定義はあいまいですが一般的には錠剤、カプセル、粉末、液体など従来の食べ物と異なる形状のものをいいます。

サプリメントと医薬品はちがうの?
サプリメントと医薬品は使用する目的も分類も全くことなります。「医薬品」は、病気の原因を除く、症状を緩和するなど病気の治療や予防を目的とした製品です。国の審査で、効果や有効性が科学的に認められ、安全性、副作用、適正な使用量、製品の品質を確保するための製造方法などが審査承認された製品が販売されています。適正に使用するための効能・用法・用量が記載されています。
これに対し、サプリメントは食事だけでは不足してしまった場合の栄養素を補給するための「食品」です。病気にならない体づくり、健康の維持・増進などが役割で、医薬品のように特定の病気の治療や予防のために摂るものではありません。サプリメントは効能や用量など表記することはできません。たとえ医薬品と同じ成分が含まれていても、含まれているすべての成分やその含有量を表記することは法的に求められていません。

注意したいところは
サプリメントは「食品」ですが、過剰摂取やアレルギー反応などで体調への影響が出ることもあります。また医薬品との飲み合わせにより医薬品の作用に影響を及ぼして、医薬品が効きにくくなったり、副作用がでやすくなったりする場合があります。治療薬とサプリメントを服用しているのであれば必ず主治医に報告して相談してください。