ご利用案内(3)

ご相談・お問い合わせ先

当施設のご利用に関するご相談・お問い合わせは
お電話ファックスメールフォームにて承ります

各窓口電話対応時間

通所リハビリは日曜日・年末年始がお休みです。
相談・事務は日曜日・祝日・年末年始はお休み、土曜は8:30~13:00までとなっております。
災害時・停電時は PHS:080-5479-4240 にご連絡ください。

平日の電話対応時間 9:00~17:00 17:00~20:00 20:00~翌朝9:00
通所リハビリ
利用相談、休みの連絡など
03-5319-0787(直通)
担当:通所主任
留守番電話 留守番電話
入所フロア
外出の連絡、ご家族連絡など
03-5319-0780(代表)
担当:療養部長
留守番電話
相談・事務
入所・ショートステイの相談、ご苦情など
03-5319-0780(代表)
担当:支援相談員・事務長
留守番電話

施設利用相談ファックス用紙

FAXにて、当施設の支援相談員宛ての施設サービス利用相談を承ります。
「サービス利用相談FAX用紙」PDFをダウンロードしてご利用ください。

FAX送信先:03-5319-0782(担当:支援相談員)

施設利用相談メールフォーム

メールフォームにて、当施設のサービス利用相談を承ります。
送信いただいた内容を確認後、各受け入れ担当者よりお電話にてご連絡させて頂きます。

  • 入所受け入れ担当:支援相談員
  • ショートステイ受け入れ担当:総合サービス課・介護支援専門員
  • 通所リハビリテーション受け入れ担当:通所主任
  • 電話お問い合わせ先:03-5319-0780(代表)

印の項目は入力必須項目です。

ご相談者名
ご相談者名フリガナ
ご利用者名
ご利用者名フリガナ
ご連絡先電話番号
メールアドレス
(再度入力)
お住まい 文京区 豊島区  台東区
上記以外の23区  23区外
ご利用希望(複数選択可) 入所  ショートステイ  通所リハビリテーション
要介護度 申請中 要支援1 要支援2
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
ご利用者様の現在のご様子 自宅療養中 入院中 他施設利用中
サービスご利用の目的 退院後、自宅での生活に向けてリハビリを継続したい。
現在入所中の施設から転所したい。
自宅で生活をするために更なるリハビリが必要。
自宅での介護が困難となってきたため、入所・通所リハビリを利用させたい。
その他
お問い合わせ その他、お問い合わせがございましたら自由にお書き下さい。

事業者様向け各種申込書

事業者様向けの各種申込書および参照資料のPDFです。ダウンロードしてご利用ください。

通所リハビリテーション利用申込書通所リハビリ用診療情報提供書医療行為が必要な方の受け入れ基準
ショートステイ利用申込書入所・ショートステイ用診療情報提供書入所・ショートステイアセスメント表

ご用意いただくもの

入所・ショートステイをご利用の方 (2016年4月1日現在)

入所・ショートステイをご利用の方は、以下のものをご用意ください。
「入所・ショートステイの際にご用意いただくもの」PDF(印刷用)をダウンロードする »

持ち物全てにお名前の記入をお願いします。記名のないものは紛失など責任を負いかねます。
金品貴重品はなるべくお持ちにならないようにお願いします。

  1. 保険証など
    介護保険負担限度額認定証、身障者手帳、被爆者手帳、難病医療証(特殊疾病証)のある方はお持ちください。
    • 介護保険被保険者証
    • 介護保険負担割合証
    • 健康保険証もしくは後期高齢者医療受給者証
    • お薬手帳
  2. 印鑑・郵便局口座番号
    施設利用料金のお支払いを郵便局引き落としとさせていただいています。
    • 本人および支払人・保証人となるご家族の印鑑
    • 施設利用料金お支払い用の郵便局口座番号
  3. 衣類
    おおよそ3〜4組ご用意ください。
    • 普段着(上下の上着・肌着・下着・靴下を1セットとしてご用意ください
    • パジャマ(着替える習慣のある方はお持ちください)
  4. 洗面用具
    • 歯ブラシ(義歯の方は義歯ブラシ)・歯磨き粉
    • コップ
    • フェイスタオル(2〜3枚)
    • くし・ブラシ
    • ひげ剃り(電気カミソリをお願いします)
  5. その他
    • 自助具(吸い飲み、介助用スプーンなど必要な方はお持ちください)
    • はき慣れた靴
    • 義歯ケース(夜間は外す方のみ)
    • ティッシュペーパー
    • ウェットティッシュ(ポータブルトイレをご使用の方)
    • おしりふき(オムツ使用の方)
    • 洗濯物を入れる袋
  6. 薬・医療用具(必要な方のみ)
    処方薬のご用意方法については「入所・ショートステイ中の薬について」を ご覧ください。
    • 処方薬(入所期間分・ショートステイの方はご利用予定日数より1日分多めにお持ちください)
    • 医療用具(在宅酸素・人工肛門(装着用具)・胃ろう・インスリン・バルーンカテーテルなどご利用の方)

入所・ショートステイ中の薬について (2016年4月現在)

当施設では、入所・ショートステイの方89人が療養生活を送られています。そのほとんどの方が内服薬を処方されているため、施設職員はこれを確認して服用に間違いがないように対応しています。
このため、入所・ショートステイで施設をご利用いただく際に処方薬のご用意についてお願いがございます。
入所の際の手続きをスムースに行い、入所後、お薬を安全・確実に服用していただくため、ぜひとも皆様のご協力をお願いいたします。 ご不明な点は、03-5319-0780(代表)までお電話ください。

処方薬のご用意方法

  1. 入所・ショートステイをされる前に、病院や薬局でお薬をもらう場合、薬剤師に、間違いなく内服するために分包(薬を1回に服用する分を小分けにすること)してほしいとお願いしてください。同時に、薬局等で発行される薬の説明書をお持ちください。
  2. すでに薬が処方されていて分包してもらえなかった場合、ご家族の皆さんに分包のご協力をお願いいたします。その際は、次のようにお願いいたします。
    • 分包する袋は、5cm程度の透明な市販の袋(100円ショップなどで販売されています)に、氏名と内服する時間帯を記入してください。
      氏名は、同姓同名の間違いを防ぐために、フルネームでご記入ください。時間帯は、「朝」「昼」「夕」「寝る前」等記入してください。なお、日付は記入しないでください。
    • 上記のように分包した薬を「朝」「昼」「夕」「寝る前」「予備」とそれぞれに分けて袋に入れてお持ちください。
  3. 入所の方は入所期間分、ショートステイの方はご利用予定の日数より1日分多めにお持ちください。こぼしたり、落としてしまったりした場合の予備として使用いたします。
ご利用案内(1) | ご利用案内(2) | ご利用案内(3)
  • おおよその利用料が知りたい!/利用料金シミュレーター
  • 利用申込みから開始までの手続きは?/ご利用申込みの流れ
  • 在宅強化型老健とは
  • ひかわしただより
  • 事業者様向け/各種申込書
  • 職員募集/当施設で勤務をご検討中の方へ見学・実習受付中!
  • 初めての方大歓迎/ボランティアさん募集
  • 関連病院/東京保健生活協同組合 東京健生病院
  • 関連病院/東京保健生活協同組合 大泉生協病院
  • 看護部
  • 関連施設/介護小規模多機能型居宅介護事業所 東京保健生活協同組合 千石にじの家
  • 関連施設/グループホーム 東京保健生活協同組合 雑司が谷みみずくの里
  • 東京保健生活協同組合
  • 日本医療福祉生活協同組合連合会
  • (公社)全国老人保健施設協会
  • 東京民医連
  • 全日本民医連